不動産業界で働きたいならば

不動産業界は比較的に転職をしやすい業界の1つとされています。
例えば、全く働いたことのない方やアルバイト、異業界で働いてきた方にとっても30代までは採用される可能性が高いです。
この場合の30代というのは、業界での従業員の平均年齢が20代もしくは30代が多いためです。
そして、その年齢を超えてしまいますと実務経験を重視される傾向がありますので、興味がある方は早めに転職した方が良いです。
一方、不動産業界から異業界に転職となりますと難しいと言われてますが、それは経験した職種によります。
この業界の職種は営業職が多いですが、その営業職がルームアドバイザーなどの反響営業職なのか、マンション販売のような電話によるアポイントがメインの営業職なのかで全く違います。
反響営業職でしたら無理ではありませんが、異業界では未経験としての扱いを受けるため独自でスキルアップが必要です。
電話にるアポイントがメインに行ってきたのでしたら、異業界でも即戦力として扱われるため採用率が高い傾向にあります。

美容外科 大阪

大阪のドレスレンタルでその日の主役になる

外国人技能実習制度について知りたい方へ

弁護士・税理士の無料相談

アーカイブ